「終の棲家」は過去の遺物

これから資産インフレが起こるとしても、かつての「土地神話」時代のように何十年にわたって右肩上がりが続くとは考えにくく、景気の波に連動してアップダウンすると思われます。

 

また、資産インフレが起こるのはごく一部の土地や不動産であり、値上がり幅にはかなりバラつきが出るでしょう。

 
こうした場合、値上がりする土地や不動産をよく選ぶことは当然として、さらにタイミングを見て値上がりした物件を売却し、「含み益」をキャッシュに替えることが重要になります。

 

手にしたキャッシュは再び値上がりしそうな物件を買うために使ったり、あるいは他の資産に回したり、子供の教育費や老後の生活費に当てることもできます。

 

せっかくマイホームを買うなら、確かな資産となるものを避ひましょう。それは決ついすみかして「終の棲家」などではなく、生活やライフサイクルの変化に応じて、柔軟に対応できるものでなければなりません。

 

かつての「住宅すごろく」は、最後は庭付き二戸建てを所有することがアガリでしたが、これからの時代の「新・住宅すごろく」ではダウンサイズしていったり、最後は有料老人ホームになるのかもしれません。

 

資産形成と住み替えのパターンは今後、どんどん多様化していくはずです。
実はこれまでも、新築マンションを購入して叩年もすれば平均3劃の人が買い替えています。

 

これからはその割合がもっと高まっていくと想定しています。
そもそも人生、何が起こるかわかりません。ほとんどの日本企業では、「終身雇用」や「年功序列」といった高度経済成長期の人事システムが崩壊しています。

 

初代だけでなく初代の未婚率と離婚率がどん、どん上昇するとともに、最近では親の介護に直面する却代、叩代が増えています。
仕事も家族も将来、何が起こるかわかりません。昔なら大きな家に大家族が暮らすことでいろいろな変化を受け止めてきましたが、一人世帯、二人世帯が主流となる今後、同じ住宅にずっと住み続けるほうがむしろ例外になるでしょう。
また、新築マンションについていえば、売りやすいのは築叩年くらいまでです。築年数が古くなるにつれて修繕工事などのコストがかさみ、資産価値は下がっていきます。

 

所有者の入れ替わりによってマンション全体の平均世帯収入も下がっていくので、万が一の大地震で大きな被害を受けたり、それこそ建て替えをどうするかとなったとき、意見がまとまえらない可能性が高まります。
こうしたことを考えればドライに思われるかもしれませんが、叩年程度で買い替えていくほうが有利なのです。
初代の方が今買うべき理由を明確にしておきましょう。
新しい住宅すごろくは面積を広くするところに意義があります。今買って、含み益を出した人は「次」がありますが、買わずにインフレによって値上がりしてしまえば「次」がなくなります。
また祖父母からみても、今、マンションを買うことは次世代の子どもたちへの最も有効な投資でもあります。