「贈与特例」で親からの資金援助も

自己資金が足りないという人には、両親や祖父母から援助してもらうという方法も
あります。ふつう他人からお金や物品をタダもらうと贈与税がかかるのですが、マイ
ホームを取得するため両親や祖父母から資金援助を受ける場合、一定の条件を満たせ
ば2014年は最大500万円(省エネ住宅なら最大1000万円)までの資金援助
が非課税となる特例があるのです。
また、両親からまとまった資金を借りるという方法もあります。きちんと借用証を
つくり、金利もつけて返すのですが、贈与税には年間合計110万円の基礎控除があ
るので、その範囲内で返済資金を親から贈与してもらえば、実質的には税金がほとん
どかからず資金援助を受けることができます。
実際、マンションの購入にあたって両親などから援助を受けている人はかなりの割
合にのぼります。「ダメモト」で、親に相談する乙とがまず第一にやるべきととです。